西表島ダイビングStaffBlog

カテゴリー別アーカイブ: 西表島の動植物

メジロがやってきた

外で作業をしていると軽トラの荷台にメジロがとまりました。

かわいい。

比較的近くで見ることの出来る鳥ですが、

なぜか全然逃げない。

何かを気にしている様子・・・。

もうちょっと近づけるのかな?!

どうやら誰かがドローンを飛ばしていたようで、

その音が慣れていなくてイヤみたい。

普段聞きなれない音は鳥も怖いみたいです。

コウモリとかアオバズクとか

珍しく暗くなってからスーパーへ。

忙しくてあまり気にしていませんでしたが、

少し余裕が出て来ているせいか、生物が気になります。

コウモリはけっこう手軽に見ることが出来ます。

スーパーへ行って帰るまでの間に6匹も確認したアオバズク。

あらためて「こんなにいるんだ~」と思いました。

一緒に車に乗っていた三男が大喜び。

子供達とのんびり野生生物を観察できるのはもう少し後かな。

夏休み終了~

いつもより二日間も延長された夏休み。

やっと終わった~。

最後の最後に宿題を仕上げた長男。

ずっと魚突きに行きたいと言われていましたが、

なかなか予定と海況が合わず・・・結局最終日に。

でもべた凪のいい海でゆっくり魚突き出来たからよかった。

大丈夫だとは思うけど、まだ勝手に海には行かせられないからねー。

私はライジャケの三男と浮き輪の四男を連れて、

近くをフワフワしていました。

最近お気に入りのヒレグロコショウダイをゲット!

魚拓を取った後は、さばいてくれました。

ただ・・・三枚に下ろそうとしてくれたけど、

全然身がなくなった・・・ってことで、

刺身は諦め、汁にしました。美味。

まあ内臓出せるだけで十分だけどね。

これからも三枚下ろし練習して、私より上手になってね~。

幼稚園にヤギ

三男を幼稚園にお迎えにいったら、

なにやら白い物体の気配。

ヤギが葉っぱを食べていました~。

自分の手から葉っぱを取ってほしい三男、ガンバリマス。

小さい子と動物のふれあいって可愛いなぁ~。

見事成功!

小学校のヤギですが、たまに幼稚園に紛れ込んできます。

ドアを開けておいたら中にまで入ってきてしまう感じです。

どんだけ人懐っこいんだ。

アカショウビン

車で通りかかったところで、ワサワサしていたので近づくと

アカショウビンがうずくまっていました。

どうやらお店のガラスに当たって動けないらしい。

見ていたのが観光の方だったので「こちらで連絡します」と保護。

すぐに野生生物保護センターに連絡をして引き取りに来てもらいました。

その前にちょっとだけ撮らせてもらう。

アカショウビン、

なんと美しい鳥でしょう。

今一番好きな鳥かも。

朝はアカショウビンの声に起こされることもありますが、

目覚めは悪くないです。

「そんなにケガはしていなさそう」とのことなので、

すぐ野生復帰してくれることを願います。

オカガニがやってきた

真っ暗になる直前(もう8時近く)に帰ってきた次男が、

何か騒いでいるので外へ出てみるとオカガニが庭に来ていました。

珍しくはないのですが、庭にいるのは珍しいので、

とりあえず写真を撮ろうと思ったら次男が入ってきた。

「これ食べられる?」とすぐ食べようとする次男・・・。

いや、食べられないから。

一応近くで撮らせてもらってバイバイしました。

またおいでー。

 

アオウミガメの孵化

先日の話。

「カメの観察会がありますよー」と連絡をいただいたので、

見に行ってきました。

ここ数年、毎年見ています、カメの孵化。

めちゃくちゃカワイイ~。

みんな太陽に向かって歩いていきます。

生まれてすぐなのに太陽の方向・海の方向が分かっててスゴイ。

長男もカメラ持参で撮影中。

海に入っていく様子を見送りました。

大きくなってまた帰っておいで♡

で、結局海に入って遊ぶ・・・。

次男・三男はカメよりも海で遊びたいらしい。

カメの孵化なんてなかなか見られないんだから

ちゃんと見とくんだぞーーー!!

強風域でひと遊び

昨日の午前中のこと。

朝から暴風警報が出たので、学校はお休み。

午後は家から出られないであろう子供達は、朝から外で遊び始めました。

ドドドッとやってきて、家の前のソテツでなにやらワイワイ。

台風対策をしながらも見に行ってみると実験中とのこと。

ソテツに巣を作っているチビアシナガバチにえさを上げているとのこと。

割りばしの先に綿棒を付けて、その綿棒には醤油やらはちみつやら。

なにを好んで食べるのかを研究しているらしいです。

子供達がいうには「しょうゆがよろこぶ」とのことです。

みんな楽しそう。

なにしてもいいけど、刺されないでよー。

「なんでもやってみな」というのと

「あぶないからやめなさい」というのは

境界線が難しい。

シークワーサーに挑戦

熱帯果樹にハマっているヤナギですが、

シークワーサーの取り木をするとのことで、

なんのことだか分からなかったけど、付いていってみました。

どうやら家でシークワーサーを育てたいみたい。

その方法が「取り木」と言うようです。

まず皮を剥ぎます。

環状剥皮と言うらしいです。

2cm程度。

ここまで出来たところで大雨が降ってきたので、

いったんカメラをしまいました。

でも作業は続行。

皮を剥いだところに水苔を巻いてビニールで覆います。

出来上がりがこんな感じ。

これで根が出てくるのを待つらしいです。2~3ヶ月くらい。

持ち主に断りを入れて、3か所取り木させてもらいました。

さて、ちゃんと根が出てくるかな?

結果は数か月後の忘れたころにしまーす。