西表島ダイビングStaffBlog

カテゴリー別アーカイブ: 西表島の動植物

シークワーサーに挑戦

熱帯果樹にハマっているヤナギですが、

シークワーサーの取り木をするとのことで、

なんのことだか分からなかったけど、付いていってみました。

どうやら家でシークワーサーを育てたいみたい。

その方法が「取り木」と言うようです。

まず皮を剥ぎます。

環状剥皮と言うらしいです。

2cm程度。

ここまで出来たところで大雨が降ってきたので、

いったんカメラをしまいました。

でも作業は続行。

皮を剥いだところに水苔を巻いてビニールで覆います。

出来上がりがこんな感じ。

これで根が出てくるのを待つらしいです。2~3ヶ月くらい。

持ち主に断りを入れて、3か所取り木させてもらいました。

さて、ちゃんと根が出てくるかな?

結果は数か月後の忘れたころにしまーす。

アオムネスジタマムシ

ちょっと覚えにくい名前(私がそう思うだけ?)の

アオムネスジタマムシ。

緑が美しいです。

自然の色ってすごいなぁ。

家族は虫が大好きですが、

私(まいこ)は、いまだにちょっとイヤです。

家の周りも虫だらけですけどね。

見るのは平気だけど、触るのは苦手だなぁ。

オキナワキョウチクトウ

広い干潟とマングローブ林が広がる、

その前に咲いているのはオキナワキョウチクトウ。

小さな白い花がとても可愛いのですが、

木から出る液体にはとても強い毒があるようです。

なんと失明するほど。

この可愛らしさからは想像できません~。

子供達に教えておこう!

サガリバナが咲き始めました

毎年「サガリバナが咲き始めたわよ~」と連絡をくれるパイン館のお母さん。

本当に咲き始めた時に連絡をくれるので、

しばらくしてから行けばいいのですが、

ついつい嬉しくてすぐ行ってしまう私たち・・・

一分咲き二分咲きくらいですが、

とても癒されてきました。

甘い香りが漂ってなんとも幸せな気分になります。

久しぶりに子供達も時間が取れたので、夜の散歩。

(とにかく子供達が忙しいのです・・・)

ヤシガニに出会えました。

来週あたり、また夜散歩したいけどな。

時間取れるかなぁ。

イリオモテモリバッタ

昆虫にまで手を出したら大変なことは分かっているんですけど。笑

カメラを持っていて、姿を見かけたら、つい撮ってしまいますね。

コナカハグロトンボ。

珍しい種ではありません。

でも昆虫もよく見ると美しいです。

 

こちらは西表にしかいないイリオモテモリバッタ。

西表では珍しくないですが、

西表にしかいなくて「イリオモテ」と名前がついているので

愛おしいですね♪

とんとんみーとシオマネキ

もう一日干潟ネタで。

何かを狙っているようなミナミトビハゼ。

方言で「とんとんみー」と言います。

可愛い呼び名♪

ピョンピョン飛び跳ねて可愛いです。

こちらはシオマネキ。

片方の腕が大きくて手を振るような動作をします。

潮が満ちるようにと招いている風に見えることからシオマネキと言うそうです。

ちなみの左右どちらが大きくなるかは決まっていないみたいです。

人間と同じで利き手があるそうです。面白い。

マングローブを撮りに。

時間があって晴れているので、干潟へ。

こんな近くに、こんな素晴らしい干潟があるのに、

なかなか行かれないんですよね~。

何枚も撮っちゃう。

小さい子達も頑張ってますね。

青空に向かって。

人気モデルさんのようにあっちからこっちから撮らせていただきました。

ここにいるとすぐに時間が経ってしまいます。

身近な鳥を観察する

環境省が企画する「身近な鳥の観察会」に参加してきました。

手作りノートをいただいて、いざ観察。

偶然、超仲良しの友達も申し込みをしていて、嬉しい次男。

鳥じゃないけど・・・シロアリの巣を発見!!

けっこう短すぎる鳥の観察でした。

西表の雄大な自然を眺める子供達。

一番盛り上がったのはクイズ大会でした。

どんどん西表のことに詳しくなってくれたらと思います。

って言うか、私よりすでに詳しいのかも。

野生児だからな、ウチの子。