西表島ダイビングStaffBlog

日別アーカイブ: 2017年7月10日

十六夜がまたいい感じなんです。

星景写真にチャレンジしてみたいゲスト様と

生物観察ちゃんぷるツアーです。

「満月だからキレイな星空を撮影するのは無理かもよ~」

なんて言った僕は三脚ももたずコンデジで行ってしまったのが大失敗!

昇ってくる月は海に道を照らし幻想的に。

 

愛機の一眼レフ+三脚があればもうちょっとドラマチックに

撮れたと思いますが手持ちコンデジでは僕に腕がなさすぎ。

 

みんなカメラがぶれないように必死です(笑)

 

トラベル三脚をもってきたR様の作品

写真左側から月が昇り始めてるのですがそれがかえって空を明るくして

雰囲気のある写真に仕上がりました。ミラーレスの35㎜単焦点レンズ

でしたので換算70㎜。シャッター速度8秒はちょっと長かったかも

しれませんが流れ星が写ってていい感じです♪

やり方はわかったと思うのでこれからどんどんチャレンジしてくださいね!

 

さて、生物編♪

今夜も可愛い姿を見せてくれたリュウキュウアオバズク。

ゲスト様が真下まで行ってライトを照らしても逃げないご機嫌な子も。

毎回こんなじっくり観察できるのならいいんですけどね(笑)

 

定番のヤシガニは何匹もいましたよ。

 

ムラサキオカヤドカリは驚かせてしまって引っ込んでしまいました。

ずいぶん待ってみたけど一向に顔を出さずギブアップ…。

 

カメが産卵に来ていないかチェックしに行った砂浜では

カクレイワガニが産卵に来ていました。

お腹に卵があるのわかりますか?

 

やっとシーズン入ったサガリバナ。

 

西表島西部地区でピンク色は少ないので貴重です。

 

そしてゲスト様が一番見たがってたセマルハコガメが観察できました。

「確率は低いよ~」ってお話してたはずなんですがモッテますね!

 

下の甲羅までしっかり閉まるところを観察してるところ。

 

ゲスト様も大好評!今夜も盛りだくさんでした~

 

雰囲気の違う3本を楽しみます

1本目は光の美しい洞窟ポイントへ。

 

海況が良くないと行かれないので、夏場がチャンスです。

 

モンツキちゃんが可愛かったのでいろんな角度から。

 

 

 

クロスジギンポも負けずに可愛かったです♪

 

二本目はガラリと変えて壁沿いを生物探し。

まずオニカサゴ。

 

ヒレボシミノカサゴ。

 

ハダカハオコゼもいます。

 

そして夏のウミウシが登場。本日はキスジカンテンウミウシ。

 

午前中でおしまいの方をお送りして、午後から体験ダイビングのお二人をお迎え。

ファンダイブ組が休憩中にシュノーケリング。

 

 

お二人とも上手~。これなら心配なし!さあ、エントリーです。

思った通り、お二人ともスルスルと下りていきました。

 

まずはデバスズメダイを眺めます。

子供から大人までいて、めちゃくちゃ美しい光景です。

 

モヨウフグがデーンと寝ていました。

ゆっくり近づいてみます。触れそう~。(もちろん触ってないけど)

 

カクレクマノミは相変わらずの可愛さ。

 

驚いたのは巨大なサザナミウシノシタ。

後ろの根を見たらその大きさを分かってもらえるでしょうか?

 

耳抜きもスパスパで余裕でしたねー。

 

体験ダイビングらしからぬオモシロ生物にたくさん会えちゃいました。

ファンダイブ組も「楽しかった」を連発していましたよ。

ガイドももちろん楽しかったです♪